講座を受けるとどうなる?

・現役の獣医師かつ臨床分子栄養学認定医にペットや自分自身の相談ができる。
・病院だけでなく、飼い主さん自身でペットの健康を作る方法が知ることができる。
・病気になる前にペットの異変に気づき、お家で対処する方法を知ることができる。
・東洋医学を理解し、ペットにお灸やツボを利用したマッサージをすることができる。
・ペットの栄養学を学び、最適なフードを選ぶことができる。

\入会は毎月20~25日の6日間/

犬猫ホームドクター育成講座とは?

「ペットにはいつまでも元気でいて欲しい。」
家族同様にペットを大切い想う飼い主さんなら誰も願うこと。

 

だけど、以下のことだけをしていたら、その願いとズレてしまうかも知れません。

 

•ペットの体は動物病院にさえまかせておけば安心。
•インターネットで様々な情報の中からペットに良さそうと思うものを選んでフード、サプリメントやおやつを与える。
•SNSで目に止まったペットの発信をとりあえず実践してみる。
•なんとなく自分の体に良さそうなものをペットにも与えてみる。

 

その結果、ペットが健やかに過ごせているなら問題ないかも知れません

 

でも、いろんなことを試したのに、ペットの調子がイマイチで、いつも不安を持つようなペットライフを過ごしているのなら、その方法とは別のやり方も選択肢に入れてはどうでしょうか?

 

ペットの健康を全面的に人任せにせず、ご自身の手で作り上げていく。という意識でペットと向き合いましょう。

 

まず飼い主であるあなたが、ペットにとって一番頼れる存在であるということを忘れないでください。

そのために、飼い主さんがペットへの正しい知識や技術を身につけることこそ、一番快適なペットライフを送れると私は信じています。

 

そのためにご用意した講座が犬猫のホームドクター育成講座です。

講座開催への熱い思い

私は「この講座を世の中に広めるために、開業した!」といっても言い過ぎではありません。

なぜなら、私自身獣医師でありながら、愛犬のケアで大いに迷走したからです。


大学を卒業してから動物病院に勤務しながら、愛犬と共に17年過ごしてきました。

しかし、愛犬がシニア期になった時、動物病院の治療では解決できない状況になりました。

「食欲がないけど、注射や点滴の対症療法しかすることができない。根本的な治療をしてあげたい。だけど何をしたらいいんだろう。」
「病院に行くたびにガタガタに震えてしまう。体のためとはいえ、連れて行くのが辛いなぁ。」


当時できることは全て試しました。

でも一向に良くならない。


「せっかく獣医師になったのに、何のために治療をしているのだろう。」と打ちひしがれました。


そんな時に出会ったのが東洋医学(中医学)と栄養学でした。


•体を根本的に変えていくし、愛犬も気持ちよさそう!
•病院に行かなくても、お家でケアできる!


この二つに大きく救われました。

この経験から、東洋医学と栄養学の面で飼い主さんにお役に立ちたいと思っています。

通常の病気治療は全国にいる獣医師のかたにお任せして、私は徹底的に飼い主さん自身の手でペットをケアできるホームドクターを育てたいという気持ちで開業しました。


私が飼い主として学んだことは、動物病院は必ず必要だけど、最終的にペットが穏やかに暮らせるのは飼い主さんの知識と手にかかっているということです。


動画講座や月1回の質問会などグループカウンセリングを受けながら、一緒に大切なペットの最愛のホームドクターになりましょう!


このコースでは、ご用意している講座動画をご自身のタイミングで拝聴いただき、月1回の「グループセッション」にて質疑応答を承っています。

当日ご参加できない方も、事前にご質問をいただければ回答しているので、
後日また確認していただけます。

また、不定期ですがメンバーさん限定のFacebookやインスタグラムライブで講座のフォローや「ここだけの話」もシェアしています!

\もりだくさんの内容/

・月1回 現役獣医師に何でも質問できる質問会
・中医学基礎講座 全12講座
・ペットの栄養学講座 全12講座(現在開講中)
・今までのセミナー見放題
・カウンセリング割引
・サプリメントや漢方処方(※漢方処方はカウンセリングが別途必要です。)
・ランチ会やオフラインセミナー開催
・お誕生月30分無料カウンセリング

など…

ペット中医学講座

基礎編

  1. 中医学とは
  2. 生まれ持った体質を知ろう
  3. 体の仕組み
  4. 健康と病気
  5. 日々の体のチェック方法
  6. 経絡とツボ
  7. お灸の種類と実際のやり方
  8. スイナ前のスイナ体操
  9. スイナの基本
  10. 毎日スイナ
  11. 薬膳の基本
  12. 漢方の基本

ペット栄養学講座

2024年2月~

  1. 犬猫の解剖学、性質
  2. 犬猫の体のエネルギーの作り方
  3. 三大栄養素 タンパク質
  4. 三大栄養素 脂質
  5. 三大栄養素 糖質
  6. 食物繊維の付き合い方
  7. 犬猫に必要なビタミン
  8. 犬猫に必要なミネラル
  9. 消化•吸収
  10. 腸内環境と便
  11. 食事の選び方
  12. 体の基本となる食事の作り方

※上記の項目はあくまでも現時点のものです。

※予告なく変更する可能性もありますので、ご了承下さい。

※動画は新しいものと入れ替わることがあります。そのため、削除する可能性もありますので、ご了承ください。

\メリットがたくさん/

1.
オンライン動画だから自分のペースで参加できる!

家事や移動などの隙間時間で自分の都合の良いタイミングでマイペースに学ぶことができます。専門的な内容でも繰り返し復習できるので定着しやすいです!

2.
現役の獣医師に直接相談できる!

月1回の質問会やペットのお誕生月無料30分カウンセリングでちょっとした悩みも解決できます。ペットに限らず飼い主さんの心身ケアもフォローしています。

3.
個別カウンセリングも特別割引に!

ペット個別カウンセリングや栄養カウンセリングを 特別価格にてうけていただけます。(銀行振込のみ。)

4.
ペットだけでなく自分の体調やメンタルまで整う!

分子栄養学や心理学をベースに飼い主さんが健やかにペットと過ごせる体ケアもシェアしています。

5.
良質なサプリメントや薬膳グッズも入手できる!

動物病院専売の選りすぐりのサプリメントや犬猫の健康維持の商品などを販売しております。

6.
リアルセミナーやWSに優先的な参加ができる!

ランチ会や少人数のオフラインのセミナー、ワークショップに優先して割引価格でご参加できます。

~お客様の声~

赤木いづみさん(ティアちゃん)


どうして講座を受けようと思いましたか?
愛犬ティアの調子が優れず悩んでいる時に、お友達にこの講座を紹介して頂きました。

講座を受けて見て、何か変化はありましたか?

知識があるのと無いのとではペットに対しての向き合い方が変わってきました。ただ悩んでいるだけではなく、今自分にできる事をやってあげられて本当に良かった。と思います。

講座全体を通しての感想などあればぜひお書き下さい。
すごく参考になることが多くて。ペットだけではなく自分自身、人間も同じなんだろうなーと思って拝聴しておりました。

いつも何かしながら聞く。とゆうスタイルで聞いておりました。仕事の準備中に。車運転しながら。お料理しながら。説明がわかりやすいので とても有意義な時間を過ごすことができました。

寺田まりさん(マイレくん)


どうして講座を受けようと思いましたか?
初めて犬を飼うので、知識を深めたいと思いました。

講座を受けて見て、何か変化はありましたか?

何が正しいのか?どうしたら良いのか?という疑問を解決出来るので気持ちが楽になりました。いつでも質問できる、というのもとても心強いです。皆さんの質問や回答から、なるほど!と思うことも多かったです。

講座全体を通しての感想などあればぜひお書き下さい。
寝る前にながら聞きしながら聞いています。
前回の予祝会のようにリアルタイムで聞くとまた感じることも違ったりするので、講座のようなかっちりしたものではなくても季節ごとの講座やマコモの話などもまた聞きたいです!

ー2種の料金プランー

月会費メンバー

お試し&臨機応変に受けたい方はコレ!

1ヶ月の参加から可能です。
必要に応じて気軽に入退会して下さい。

料金

11,000円/月

6ヶ月会員メンバー

集中してお得に学ぶならコレ!

年2回(7月と2月)の募集になります。

継続的に学ぶ方はさらに割引(長期割)があります。

料金

59,400円/6ヵ月

(1ヶ月あたり9,900円)

・この他、受講期間が長いほどお得な【長期割】もございます。

・より知識を深めたい方、プロ級のホームドクター向けのアドバンス講座も開講しています。

・必ず受講規約をお読みいただき、了承した方のみお申し込み下さい。

・売上の一部を毎月、WWFに寄付しています。(WWFのマンスリーサポーターです。)

料金設定について…

このグループの内容は、獣医師として大学で6年、動物病院や動物園での約10年の臨床経験、中医獣医師,推拿整体師として4年、さらに大学の心理学学科を3年、分子栄養学を7年学んだ知識と経験がベースになっています。

この他にも、アニマルコミニケーションや死生観ワークなど、愛犬が幸せに穏やかに過ごすために必要なことを学んだことを、全て詰め込みました。

ペットはもちろん、誰よりも大切に想う、あなたご自身をサポートするグループです。

ですが、同じことを学ぼうとすると、最低でも20年以上かかり、大学を含めたら1,500万円以上は軽く費用がかかっています。でも、皆さまには私のように長い年月とたくさんのお金を支払っていただかなくても、大丈夫です。

一人の飼い主として、最愛のペットにかける愛情や想い、うちの子が幸せに健やかに過ごしてほしいという気持ちは誰よりも分かります。

おそらく、こんなにマニアックな視点でペットと飼い主さんの心身両方をケアする獣医師は日本中、世界中探してもいないと確信しております。

今回、グループを開催するにあたり、グループの価格は正直迷いました。

一般的に動物病院に1ヶ月かかる費用は、病気にかかると、だいたい1ヶ月55,000円くらいと言われています。

この値段は、13歳以上になると、65,000円とだんだん上昇し、手術や入院になると30万〜50万円にもなることもあります。検査や手術によっては、100万円超えることもあります。

さらに、病気になると、心の負担だけでなく、お金の負担もかかります。

つまり、病気になる前に健康な体づくりをすることが、とても大事です。さらに、すでに病気な子であれば、その症状をさらに進行させないためには、西洋医学だけでなく、東洋医学や栄養学がきっと役に立つでしょう。

今回のグループの目的は、飼い主さんをペットが信頼するホームドクターを作ること。多くの人にその方法を知っていただきたいという想いから、月11,000円にしました。

1日でいうと、ペットボトル2本分くらいの価格です。

1日約2本分のペットボトルの愛情をペットのかけてあげられるだけで、将来の病気のリスクが下がれば、医療費の節約どころか、病院への通院時間や投薬の手間など、お金も時間もよりペットとの充実した時間にあてられます(^^)

なによりもペットが病気になった時に、不安になりながらコストと時間をかけるより、あなたの手でペットに負担のない方法でおうちでケアできるってペットにとってこの上ない安心感ですよね。

飼い主さんが日常的にペットの体を診る事ができ、ちょっとした変化をキャッチして、おうちケアができるようになると、ペットの健康度やあなたへの信頼度がグッと増すでしょう。また、獣医師だけに頼らなくても、自分の手でできる事があるという安心感も増えます。

また、一度病気にかかると、病院への通院負担がでてきますが、まだ病気ではない未病の段階であれば、あなた次第で、ペットの健康寿命をのばすことができます。

さらに、あなた自身もペットをケアしながら自分の体と心に向き合うきっかけにもなります。

そんな日々をペットと送ることで、いつか必ず迎えるペットの旅立ちをネガティブな気持ちだけでなく、感謝の気持ちで温かくむかえることができます。ペットとのより良い関係をつくるのは、いつからでも可能です!

もっと最愛のペットのことを知り、「ペットの健康を私が作る!」そんな熱い飼い主さんをお待ちしています。

よくあるご質問

健康なうちから中医学を知ることで、未病(まだ病気になる前の段階)を防ぐことも可能です。
早ければ早いほど、ペットへのおうちケアのやり方も分かり、ちょっとした不調が起きた時に備えることもできます。

 

子犬・猫から参加できます。参加している子たちは、1歳〜16歳と幅広くご参加いただいております。

主に犬猫がメインで、特に犬の情報が多くなります。中医学の性質はどのペットも共通なので、ペットの体の中医学的な特性を知りたい場合や飼い主さん自身の健康を整えたい場合はうさぎちゃんの飼い主さんも役立つ情報はあると思います。

中医学では、「癌だから抗がん剤。」「癌だから放射線療法。」ではなく、癌があるペットの今の体の状態を中医学的診断でみれば、飼い主さん自身でおうちでできることはたくさんあります。

西洋医学的にもうやることがないと言われても、中医学的にはお灸や腎を強める薬膳、ペットの栄養学など、できることはたくさんあります。

中医学は東洋医学の1種で、古代中国で発祥しました。ツボや経絡(けいらく)、薬膳、陰陽など聞いたことはありますか?一見難しそうですが、全く知らない方でもわかりやすくお伝えします。 

中医学の基礎的な部分は同じだと思いますが、このグループでは私が日々感じていることや実践してよかったことをお伝えしていきます。内容が同じだったとしても、伝える側の経験によっては、別の角度から学びが深まるのではないでしょうか。

 

はい。日々行っている個別カウンセリングでもセカンドオピニオンとしてアドバイスしています。また、一般的な予防や治療経験も十分にありますので、お答えできる範囲でお伝えします。

もちろんエビデンスを元にご紹介しているものもありますが、すべてではありません。

中医学は個体差に重点を置き、一人一人の状況を見て治療する医療なので、必ずしもエビデンスが存在しません。

ただ、私はエビデンスがないものが、すべて効果がないとは思いません。長い歴史により積み重ねられた経験により、紀元前から21世紀まで受け継がれてきたことは、それだけ多くの人や動物に効果があったからこそだと思います。

エビデンスのみを信じている方は、当グループには向きません。

 

それは飼い主さん次第です。私はペットのからだの変化や関係性を深めることをお伝えしますが、

実際に行動に移し、絆を深めるのは飼い主さんしかいません。「獣医さんに何でも頼りたい!」というスタンスではなく、いろいろ自分で試してみようと思える方のご参加が向いています。

獣医師 みとめ みどり

【自己紹介】獣医師として動物病院、動物園での臨床経験を持ち、冷凍動物園や猫科の人工授精にに関わる。

また、日本で初めて認可された獣医中医学(中獣医学)専門の教育機関で学んだ、動物専門の中医学の資格を持つ獣医中医師である。

同校卒業後、推拿研究科に進み、自らの手を使って動物の体を癒す技術も習得中。

一方、人に対しては、個体差を重視した分子栄養学の認定医であり、栄養学や心理学とかけ合わせた栄養×思考カウンセリングも行う。(PNTトレーナー)

カウンセリングやセミナーを開催し、のべ100名以上をサポートしてきた。

さらにアニマルコミニケーションや自身のペットロスの経験から、ペットが生きている今の時間をより濃くすごすようなペットロス予防ワークショップも開催している。

\ 各種SNSもご登録してね /
各種お申込みやお問合せも可能です♪