「犬猫ホームドクター育成講座」
入会は毎月20~25日の5日間
paypal決済と銀行振込が可能です。
講座を受けると期待できること

•動物病院にペットの体を任せきりにせず、飼い主さん自身でペットの健康を作ることができる

未病(病気になる前)の段階でペットの異変に気づくことができる

•西洋医学以外のペットの体へのアプローチ方法が知ることができる。

•スイナ(マッサージ)やお灸を知ることで、スキンシップが増える

•ペット目線に立つことが増えて、より絆が深まる。

•月一質問会があるので、ペット飼い主さん自身に対しての心配や不安が減る。

飼い主さんがホームドクターになった方が良い理由

ペットは大切な家族の一員。これは私が心の底からずっと揺るぎない想いです。

 

産まれる前から常にペットがいる家庭に育ち、成長を共にした愛犬コロは、私が高校生の時に、18歳で旅立ちました。

 

とても可愛がっていたセキセイインコが事故で死んでしまった時、

「私がもっと早く治療ができたら助かったかもしれない。」という気持ちがきっかけで、獣医師になることを決断しました。

 

大学に入り、可愛いダックスフンドと共に、苦楽を共にし、獣医師になりました。

代診時代は、プライベートもほとんどなく、夜勤、残業、休日出勤や勉強会。人生で一番身を粉にして働いていた時期です。

 

毎月、獣医師の勉強会やセミナーに参加して、基本的な治療や手術、専門的な分野まで身につけて、「これで大丈夫。愛犬の健康は私が守る!」と思っていました。

 

しかし、当時溺愛していた愛犬が16歳になった頃、愛犬の健康状態に悩みはつきませんでした。

 

あんなに食欲がある子だったのに、食欲が落ちてしまった…。ドッグフードを食べない。でも、手づくり食ってなにをあげればいいんだろう。どうすればいいか分からず、途方に暮れる毎日でした。

 

動物病院に行き、血液検査や超音波検査をしても、特に問題がありません。

原因が分からないので、胃を動かす薬や制酸剤、皮下点滴など対症療法の治療を施しました。それでも食欲はもどらず、西洋医学が万能ではないという壁にぶち当たりました。

 

動物病院が大嫌いだった愛犬は、連れて行くたびに、全身をガタガタと震わせていました。

 

そのとき私が望んでいたのは、愛犬が穏やかに安心した世界で暮らすこと。

 

動物病院での治療が全てだと思っていた私。

そこで初めて、西洋医学以外の情報を調べるようになりました。

 

最初は、情報が多すぎて何を信じていいか分からない。まさに手探り状態でした。

 

当時の私は、病院で処置見守ることしかできず、とてももどかしかったです。

 

また、食事に関しては迷いに迷いました。

 

例えば、

  • このドッグフードは素材が選び抜かれておすすめですよ。
  • 処方食が一番安心安全です。
  • 犬は肉食だから、お肉をしっかりあげましょう。グレインフリー推奨!
  • 犬は雑食。だから、猫まんまみたいなご飯たっぷりでも大丈夫。
  • 手づくり食は目安量で大丈夫。
  • 手づくり食はカロリー計算や栄養成分を計算して与えよう。

愛犬の食事に関する情報だけでも、真逆の情報が飛び交っていて混乱しました。

 

漠然とした不安や迷いに包まれながらも、試行錯誤しながら、

多くの情報を取捨選択し、ようやく4つのポイントにより、愛犬と私自身の幸せを日常的につくることができるようになりました。

 

その4つのポイントとは、

①動物病院だけでなく、おうちで自分の手でケアができる

愛犬に安心して与えられる食事を知る

愛犬がいつか旅立つ時のペットロス予防をする

自分の心身の状態を健康に保つ

 

この4つのポイントのおかげで、愛犬が17歳で旅立った時も、感謝の気持ちで見送ることができました。あんなに恐れていた、深刻なペットロスにもなりませんでした。

 

その後、この経験や知識を、同じようにペットを家族同様大切に想う飼い主さんに知ってほしい。

そんな想いで、2022年4月にみどりシニアペットクリニックを開業しました。

 

一人でも多くの、ペットを家族同様に想う飼い主さんに幸せなペットライフを過ごしてほしい。そのためには、飼い主さん自身が、ペットから信頼され、ホームドクターになれば最高です!

 

そのための育成講座が犬猫のホームドクター育成講座です。

この講座を受ければ、ペットの病気をいち早く気づくことだけでなく、病気の予防をする日常ケアを専門家レベルで行うことができるようになります。

私の持っている知識、東洋医学(中医学)、栄養学、死生観ケア、アニマルコミニケーション、ペットロスケア、西洋医学の知識をシェアしながら、あなたをペットから信頼され最高のホームドクターになれるようにバックアップします。

 

そして、ペットだけでなく、飼い主さんの心身の健康も臨床分子栄養学認定医&PNTトレーナーを活かした飼い主さん向け健康サポートも行っております。

 

 

ペットの健康は、飼い主さんが作り出すことができます
 

ペットが健康で過ごすためには、動物病院の先生や特殊な講座を学んでいる人しかできないと思っていませんか?

 

私は動物病院に勤務していたときは、病気を治すことに全力で注力していましたが、当時、病気の予防といえば、フィラリア検査やワクチン接種程度でした。

 

また、教科書に書いてあることや、最新の治療法を試しても、効果的な子とそうでない子がいたんです。

さらに、血液検査で驚くような数値を示していても、長生きする子がいる一方、数値などデータ上は異常がないのに、短命で亡くなってしまう子もいました。

 

この違いはどこからくるのだろうと思い、さまざまなセミナーや学会、講座を受講し、本や雑誌、インターネットから情報を得るなど、多くの時間とコストをペットのために費やしてきました。

 

いろいろ試しているけど、ベストな方法が分からない

 

「病院で定期的に健診も受けていて問題もない。」

「ペットに長生きしてほしい、健康でいてほしいと、情報誌やネットで販売している良さそうな食事やサプリメントを試してみた。」

「だけど、いまいちペットの健康に効果があるか分からない。」

「もっと他に良い方法があるかもしれない。」

時間もコストもかけているのに、ペットにベストなケア方法か自信がもてないなんて悲しいですよね。

その上、飼い主さん自身のケアは後回しになることがとっても多いです。

 

それは、ペットとあなたの個体差を知らないからです

個体差とは、遺伝、体質や性格、暮らしている環境などの違いのこと。1頭1頭違うので、全く同じ固体は存在しません。

例えば、7歳のチワワちゃんが2頭いるとします。そして、1頭は沖縄に、もう1頭は北海道に暮らしている場合、薬膳的な視点では、ドッグフードや手作り食の材料は異なります。

 

また、生まれ持った性格も健康に影響します。

怖がりな子とイライラしやすい子は元々の性質を知ることが必要かもしれません。

この個体差を知らないと、個々のペットに合ったベストな対応ができず、“一般的な情報”に振り回されてしまいます。

 

でもペットの個体差を知ることができると、あなた自身がペットの健康をつくりだすことができるんです。

 

さらに意外かもしれませんが、ペットの健康は、あなた自身の健康状態にも深く関係しています。

あなたが疲れきっていれば、ペットもハッピーな気分にはなれないでしょうし、

イライラしていたり、悲しいときは、ペットもその影響を受けます。

 

個体差を知ることで、ペットにベストな方法がわかります

西洋医学は、残念ながら個体差をみる医療ではありません。

感染症や外科手術など非常に優秀な治療方法ですが、1人1人に合わせて体を見るというよりは、多くの人に効果的で幅広く症状に対して治療する分野です。

 

逆に、東洋医学(中医学)や分子栄養学は個体差に注目した医療です

これらは、「本来もっている体質・性格、感情や暮らしている環境、食べ物などによってつくられる。」という考えがベースにあります。

 

ペットや自分に向き合うほど、ペットだけでなく自分自身の心や体の取り扱い方がわかるようになる特徴があります。

その結果、あなたとペットが同時に健やかな未来を手に入れることができるんです

 

ペットとあなたの個体差の活かし方をお伝えします

以上の経験から、穏やかなペットライフには動物病院に任せきりではなく、飼い主さんがペットのためのホームドクターになることが必要不可欠だと確信しました。

実際に私自身が獣医師として、飼い主として効果を実感した方法を、あなたにも犬猫ホームドクター育成講座を通してお伝えします。

 

 

①東洋医学(中医学)は飼い主さんがホームドクターになれる

東洋医学(中医学)は、季節と体の関係、心と体の状態、ツボや経絡(けいらく)を知ることで、今体に起きていることを知る事ができます

 

私自身、終末期に何もできることはないと思っていた愛犬に、鍼灸で日々のケアができることが、飼い主として、とても励みになりました。

 

お灸により、施術後に食欲が改善されたり、後足が立たなくなったときに、推拿(すいな)や漢方を施したことで、スタスタ歩けるようになったときは感動しました。

 

東洋医学(中医学)を習得することで、あなた自身がペットの体調や体質を判断し、ペットにとって心地よいケアをすることができるようになります。

 

 

②ペット栄養学はペットの健康寿命を延ばせる

ペットの栄養学は日本の獣医界では、まだまだ発展中の分野です。

私は動物病院に勤務時代、処方食やおすすめのドッグフードを食べていれば健康な体はつくれると思っていました。

 

しかし、愛犬が食欲不振になったとき、初めて自分の知識に疑問を抱きました。

 

犬の体の仕組みや生理学を学びなおしたり、論文を読んだり、欧米に住んでいる信頼できる先生から学ぶことで、やっと愛犬に合う食事にたどり着いたんです。

 

最近、我が家に新しく迎えた子がいます。この子に、私が今まで学んだことを日々試していますが、毛艶やウンチの様子が変化してきました。

 

選ぶドッグフード、愛犬に本当に合うフードを原材料や保障成分から選べるようになりました。

 

食事は体を作る土台です。ペットの健康は食事からつくられます。

 

 

③死生観はペットロスの恐怖を軽減できる

また、以前の私は「絶対にペットロスになる!立ち直れない自信がある!」と確固たる自信がありました。

こんなに大事な存在を目の前からなくすことが想像できなかったからです。

 

そのために、通信制の大学に社会人入学して心理学を学び直し、ペットロス療法士、アニマルコミニケーション、今を生きるためのワークショップ「いっぺん死んでみるWS」認定講師になり、死生観と向き合いました。

 

あえて一番目をむけたくない、恐怖心に向き合う。

そうすることで、あんなに怖かった愛犬の旅立ちの捉え方が変わりました。

 

ペットロスになりたくないと思う人ほど、その気持ちに向き合うことで、確実にペットとの時間が豊かになります。ちょっと勇気を出して一度、向き合ってみませんか?

 

 

④自分の健康はペットが安心安全に暮らすための基盤

愛犬と生活していた頃の私は、子育てと仕事に追われ、余裕なくいつも疲れていた日々でした。

しかし、東洋医学(中医学)や分子栄養学を学び、自分の体調が底上げするにつれて、愛犬の接し方に変化が現れたんです。

慢性的な疲労が改善すると、愛犬のための手作り食もつくれるようになるし、遠くに外出も楽しめるようになりました。

血糖値が安定すると、愛犬に対する心配や不安感が落ち着きました。

自分の体調によって、愛犬の状態は変わらないのに、見方が変わるんですよね。

一方で、不思議と私が元気に鳴ると、愛犬も食欲が出たり、いつもより長くお散歩に行けるようになりました。

 

実は、飼い主さんの状態によって、ペットが病気をつくることがあります。

心配していたら、心配な気持ちがそのまま伝わりますし、飼い主さんが嬉しそうにしていたら、言葉が通じなくともその気持ちは敏感にペットは感じとりますよね。

 

ペットが幸せに過ごしてほしいと想う気持ちは、まずは飼い主さん自身が幸せに健やかいれることが大事だと私は思います。

 

獣医師である私がこんなにもペットとの関わりで悩むとは思いませんでしたが、今と経ってはとても大きな学びでした。

この経験を一人でも多くの、ペットを家族同然に想う飼い主さんが知識や技術を知ることで、ペットと飼い主さん両方がハッピーライフを過ごすための講座内容です。

 

 

 
「犬猫ホームドクター育成講座」
に参加する
お客様の声

カウンセリングのご感想はこちらもご覧ください。

動物との生活をMaxに楽しみたい人におすすめ!
内柴晴子さん
イギリス在住
【受けたサービス】
オンラインカウンセリング

どうしてカウンセリングにお申込みをしましたか?

一緒に暮らしている犬たちの疾患を、東洋医学的観点からどのようにサポートできるか理解したかったため。インスタなどで拝見しているみどり先生の活動内容が響いたのと、先生ご自身の醸し出すエネルギーがとっても好きだったことも理由です。

 

・カウンセリング後に変化はありましたか?

さっそく小豆パック試作品を作ってみました。温めると小豆特有の甘い香りがするんですね。犬たちも大好きで気持ちよさそうにしています。

 

・どんな人にカウンセリングをおすすめしたいですか?

動物との生活をMaxに楽しみ、シニア期に出てくる問題に積極的にかかわりたい飼い主さんに。

 

・その他のご感想(一部抜粋)

みどり先生、先日はありがとうございました。

東洋医学のカウンセリングももちろんですが、検査結果が良くなかったときの気持ちの持ち方で、気持ちが本当に楽になりました。必要以上に落ち込まずに日々を暮らせています。あ、これもカウンセリン後の変化ですね。私のですが。今後ともよろしくお願いいたします。(副腎グループ、今の体調が、関連しているかもという感じなので、ぜひ受けたいです。血糖値もぜひリピートしていただきたいです!)→この後、人のカラダケアグループ【副腎】と【血糖値】にご参加いただきました(^^)

猫にも人格ならぬ猫格があることに感動!
大久保純子さん
歯科医師
【受けたサービス】
アニマルコミニケーション

・どうしてアニマルコミニケーションにお申込みしましたか?

猫の気持ちなんて知ることができないと思っていました。でも、セッションを受けて、しっかりと性格も人格ならぬ猫格があること、自分のことよりも飼い主のことを案じている健気さに、感動しました。それを、みどり先生が言語化してくださり、その能力に感激しています。ありがとうございました。

 

・その後の変化はありましたか?

あれから、お互いが見つめ合うシーンが多く、わかっているよ!とのアイコンタクトだと感じました。本当にありがとうございました。猫のようなゆったりとした人生が必要ですね(^^)

 

・どんな人にサービスはおすすめですか?

物を飼っていて、家族の一員と感じている方は、是非このセッションを受けていただけると双方にとって良い関係性を築けると思います。

 

講座後の気づきがすごい!
きくちゆきこさん
宮城在住
【受けたサービス】
ペットを看取るWS

・どうしてペットの看取りワークショップに参加しましたか?

別れを想定して接する事がありませんでしたが、改めてペットを看取るということを、敢えて具体的にシュミレーションする事で、焦りや不安が消えてゆくのを感じました。知る覚悟が大事ですね。

 

・その後、変化はありましたか?

本人がどうしたいのだろう、と考えた時に、アニマルコミュニケーションについて、もっと知りたいと思いました。

 

・その他のご感想

悲しみの深さが幸せに過ごした時間の深さなのだという言葉に、自分の中で押し込めていた、大切な家族を失った感情が噴き出してしまいました。いつか必ず訪れるその時までの毎日を、どう過ごしていくか、すぐできることを始めようと覚悟できました。講座後の数日間、一緒に過ごせる時間は永遠ではないんだ、という事に気づいたら、ペットのことはもちろんなのですが、普段何気なく当たり前に一緒に過ごしてきた夫や息子、出会ってきた子どもたち、親しい友人たち、その全ての存在が、愛しくてたまらなくなりました。終わってからの気づきが次々にやってくる、素晴らしい学びをありがとうございました!

自己紹介
みどりシニアペットクリニック
みとめ みどり
MIDORI MITOME

獣医師として動物病院、動物園での臨床経験を持ち、冷凍動物園や猫科の人工授精にに関わる。

また、日本で初めて認可された獣医中医学(中獣医学)専門の教育機関で学んだ、動物専門の中医学の資格を持つ獣医中医師である。

同校卒業後、推拿研究科に進み、自らの手を使って動物の体を癒す技術も習得中

 

一方、人に対しては、個体差を重視した分子栄養学の認定医であり、栄養学や心理学とかけ合わせた栄養×思考カウンセリングも行う。(PNTトレーナー)

カウンセリングやセミナーを開催し、のべ100名以上をサポートしてきた。

 

さらにアニマルコミニケーションや自身のペットロスの経験から、ペットが生きている今の時間をより濃くすごすようなペットロス予防ワークショップも開催している。

2022年に、日本およびアジアで活躍する女性起業家を紹介する「WOMAN Serendipity」に掲載されました。

取材時の様子はこちら

グループ内容

講座の動画はおうちヘルスケアラボサイトにて見放題。ご自分のペースで学習を進められます。また、月1回の質問会も開催しております。(Zoomオンライン。当日ご参加できない方も、事前にご質問をいただければ回答しております。毎回10個以上のご質問をいただき、大変賑わっております。)また、日々のコミニケーションはFacebookグループやインスタグラムで活動しています。

 

2023年8月〜2024年1月までは、おうちケアの基本的な知識や技術である東洋医学(中医学)を集中講義します。

 

(予定は進行具合などにより、一部変更になることもあります。随時更新中)

セクションごとの理解度テストもあるので、より知識が深まります!

 

現在(2023年10月12日現在)34動画がご覧いただけます。

講座の内容&これからの予定は以下です。

 

【ペット中医学講座】

中医学講座 基礎編

①中医学とは

②生まれ持った体質を知ろう

③体の仕組み

④健康と病気

⑤日々の体のチェック方法

⑥経絡とツボ

⑦お灸の種類と実際のやり方

⑧スイナ前のスイナ体操

⑨スイナの基本

⑩毎日スイナ

⑪薬膳の基本

⑫漢方の基本

→さらに詳しく学びたい方は、アドバンス編へ進むこともできます。

アドバンス編では、中医学のより詳しい基本解説のほか、肝臓、泌尿器系、消化器系などの病気の時の対処法についても学ぶことができます。

また、スイナやお灸の手技を実際にしていただいた動画をチェックし、アドバイスさせていただきます。

講座に関してのご質問は、平日9:00〜16:00にて随時受け付けています。

【ペット栄養学講座】※2024年2月〜配信開始

①犬猫の解剖学、性質

②犬猫の体のエネルギーの作り方

③三大栄養素 タンパク質

④三大栄養素 脂質

⑤三大栄養素 糖質

⑥食物繊維の付き合い方

⑦犬猫に必要なビタミン

⑧犬猫に必要なミネラル

⑨消化•吸収

⑩腸内環境と便

⑪食事の選び方

⑫体の基本となる食事の作り方

(余裕があったらアップしたい項目)

•血液検査と栄養状態

•飼い主さんの血液検査の見方

上記の項目はあくまでも現時点のものです。

予告なく変更する可能性もありますので、ご了承下さい。

 

 

中医学講座以外の動画

長生きするペットの油セミナー(栄養学)

長生きする歯のケア(病院の選び方、歯磨きのポイントなど)

•梅雨の時期の過ごし方

•春の薬膳

•夏の時期の過ごし方

•飼い主さんの体ケア

•CBDオイルの使い方など

質問会 2023年3月〜現在 (各平均1時間30分)

 

ペットへのケア方法をしっかり学ぶことができます。

 

参加特典

✔︎質問会(月1回 通常 毎月第4水曜日 12:30〜13:30)

講座内容だけでなく、ご自身のペットの健康、病気、しつけ、ペットロス相談、ご自身の体調相談など幅広く回答しています。zoomアプリを使用し、直接現役の獣医師かつ分子栄養学認定医とお話ができます。

✔︎ペットのお誕生月無料カウンセリング(30分)

ペットのお誕生月(不明な方は飼い主さんの良きタイミングで)に1対1で獣医師と何でもお話ができます。ペットや飼い主さんの体や心の気になることについてお話し下さい。特にお話がない場合は、雑談でもいいです。希望者のみです。

✔︎ペットカウンセリング 割引

ペットカウンセリングの優先予約やカウンセリング料が10%割引になります。(銀行振込のみ)

✔︎ランチ会やワークショップにご招待

不定期に東京近郊でランチ会を開催予定です。また、予祝会などのワークショップも開催しています。

 

メリット1

オンライン動画だから自分のペースで参加できます。忙しい毎日のちょっとした隙間時間でマイペースで学ぶことができます。

メリット2

直接、現役の獣医師に相談できます。かかりつけの動物病院があっても、忙しい獣医さんにちょっとしたことを聞くのは結構ハードルが高いですよね。おうちケアラボでは、ペットに関する些細な疑問にも丁寧に質問会にてお答えします。質問内容は動物病院で聞きそびれたこと、補足、病気のメカニズムからペットが具合が悪くなった時の対処法、食材、マッサージ・スイナ方法、栄養学的なアプローチなど様々です。

メリット3

ペットの西洋医学的なこと、中医学ケア、栄養学的なケアを個人カウンセリングにて相談したいときは、割引しております。(銀行振込に限ります。)

メリット4

ペットだけでなく自分の体調やメンタルまで整います。分子栄養学や栄養学を日々アップデートしながら学んでおります。飼い主さんの心身の健康もフォローしてしています。飼い主さん栄養カウンセリングの割引も行っております。

メリット5

西洋医学はもちろん、東洋医学(中医学)、ペットの栄養学、分子栄養学、死生観に精通した獣医師が多角的な視点でペットと飼い主さんをフォローすることができます。獣医師がお勧めする質の良いサプリメント等もご紹介できます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに中医学アドバンス編はメンバーさんのみ受講できます。(別途受講費がかかります。)

アドバンス編初級編アドバンス編にの2編成に分かれます。

総動画数は、30動画(初級編+アドバンス編)の予定です。

動画サイトにて、パスワード付きのページにてご視聴いただけます。

初級編(基礎編の内容をより細かく説明した内容です。重複する内容もあります。)

①おうちケアに役立つ中医学とは

②陰陽を知ろう

③アドバンス・それぞれの関係性について

④体を構成する気血津液とは

⑤アドバンス編・治療原則

⑥五行を体で見てみよう

⑦私とペットの体質を見てみよう

※アドバンス講座の方は無料で飼い主さんとペットの胚胎診断を診断致します。

⑧体を診断してみよう

⑨病気の原因

⑩五臓を知ろう

⑪ペットの診断方法 望診

⑫局所望診

⑬舌診断

⑭眼診断

⑮聞診、問診

⑯切診、脈をみる

⑰ツボを知ろう① 大腸、肺、胃、脾経

⑱ツボを知ろう②心、小腸、膀胱、腎経

⑲ツボを知ろう③心包、三焦、胆、肝経、督脈、任脈

⑳お灸のやり方(もぐさのやり方)

㉑スイナ手技の全てのやり方

㉒薬膳食材の季節ごとの分類と応用

漢方の生薬分類と成分

アドバンス編 2024年2月から月1〜2本ずつアップ予定。

主に病気の対策をお灸、スイナ、薬膳、漢方にて総合的に解説していきます。

①五臓の病気と対策:肝と胆(ストレス対処)

②五臓の病気と対策:心と小腸

③五臓の病気と対策:脾と胃

④五臓の病気と対策:肺と大腸

⑤五臓の病気と対策:腎と膀胱

⑥シニアケア:認知症ケアと対策

⑦シニアケア関節のトラブルと対策

そのほか必要なトピックがあれば随時アップします。

全てにPDF資料付きです。

全ての動画を見終わったら、修了証が欲しい方は、認定テストを受けましょう。

合格者には、犬猫ホームドクター育成講座アドバンス認定の修了証を送付します

(テストは動画をご覧いただければ、簡単に解けるテストなのでご心配なく!)

アドバンス編受講者だけの特典

さらに、アドバンス講座受講者だけの手厚いフォローをお付けします!

特典①実際にあなたがスイナやお灸を行っている動画をチェックします。ペットにスイナやお灸をしている様子を動画に撮ってお送り下さい。アドバイス致します。

特典②講座に関してのご質問•疑問は、基本的に平日24時間以内にお答えします。(平日の9〜16時に限る。)公式LINEにご登録下さい。ただし、講座に関係のない個人的な相談は質問会や個人カウンセリングをお申し込み下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このグループの内容は、獣医師として大学で6年、動物病院や動物園での約10年の臨床経験、中医獣医師,推拿整体師として4年、さらに大学の心理学学科を3年、分子栄養学を7年学んだ知識と経験がベースになっています。

この他にも、アニマルコミニケーションや死生観ワークなど、愛犬が幸せに穏やかに過ごすために必要なことを学んだことを、全て詰め込みました。

 

ペットはもちろん、誰よりも大切に想う、あなたご自身をサポートするグループです。

 

ですが、同じことを学ぼうとすると、最低でも20年以上かかり、大学を含めたら1,500万円以上は軽く費用がかかっています。でも、皆さまには私のように長い年月とたくさんのお金を支払っていただかなくても、大丈夫です。

一人の飼い主として、最愛のペットにかける愛情や想い、うちの子が幸せに健やかに過ごしてほしいという気持ちは誰よりも分かります。

 

おそらく、こんなにマニアックな視点でペットと飼い主さんの心身両方をケアする獣医師は日本中、世界中探してもいないと確信しております

 

今回、グループを開催するにあたり、グループの価格は正直迷いました。

一般的に動物病院に1ヶ月かかる費用は、病気にかかると、だいたい1ヶ月55,000円くらいと言われています。

この値段は、13歳以上になると、65,000円とだんだん上昇し、手術や入院になると30万〜50万円にもなることもあります。検査や手術によっては、100万円超えることもあります。

さらに、病気になると、心の負担だけでなく、お金の負担もかかります。

つまり、病気になる前に健康な体づくりをすることが、とても大事です。さらに、すでに病気な子であれば、その症状をさらに進行させないためには、西洋医学だけでなく、東洋医学や栄養学がきっと役に立つでしょう。

 

今回のグループの目的は、飼い主さんをペットが信頼するホームドクターを作ること。多くの人にその方法を知っていただきたいという想いから、月11,000円にしました。

1日でいうと、ペットボトル2本分くらいの価格です。

1日約2本分のペットボトルの愛情をペットのかけてあげられるだけで、将来の病気のリスクが下がれば、医療費の節約どころか、病院への通院時間や投薬の手間など、お金も時間もよりペットとの充実した時間にあてられます(^^)

なによりもペットが病気になった時に、不安になりながらコストと時間をかけるより、あなたの手でペットに負担のない方法でおうちでケアできるってペットにとってこの上ない安心感ですよね。

 

「犬猫ホームドクター育成講座」
入会は毎月20~25日の5日間
paypal、クレジットカード決済と銀行振込がお選びいただけます。

 

お申込み期間は毎月20~25日の5日間限定でご入会を承ります。

 

①月会費メンバー

お試し&臨機応変に受けたい方はコレ!

(※paypalの設定は退会時にご自身で行ってください。)

 

②6ヶ月会員メンバー(半年割)

集中してお得に学ぶならコレ!

年2回(7月と1月)の募集です。

次回は2024年7月2に半年割を募集予定です(^^)

●入会後の流れ

お申し込み後、すぐ動画サイトへの案内、facebookグループ詳細のご案内をメール致します。

届かない方は、迷惑メールボックスに入っていないかご確認後、gmailなどのパソコンメールにて再度お申込み下さい。それでも届かない場合は、お手数ですがsupport@mitomemidori.comまでご連絡下さい。

動画サイトへの加入がない場合でも、後日の返金はできかねます。ご了承下さい。

Q&A

Q うちの子はまだ健康そのもの。グループに入る必要ありますか?

A 健康なうちから中医学を知ることで、未病(まだ病気になる前の段階)を防ぐことも可能です。早ければ早いほど、ペットへのおうちケアのやり方も分かり、ちょっとした不調が起きた時に備えることもできます。

 

Q 対象はシニアの子でしょうか?

A 子犬・猫から参加できます。参加している子たちは、1歳〜16歳と幅広くご参加いただいております。

 

Q 犬猫がメインでしょうか?ウサギを飼っているのですが、入れますか?

A 主に犬猫がメインで、特に犬の情報が多くなります。中医学の性質はどのペットも共通なので、ペットの体の中医学的な特性を知りたい場合や飼い主さん自身の健康を整えたい場合はうさぎちゃんの飼い主さんも役立つ情報はあると思います。

 

Q うちの子は今癌と診断され、抗がん剤治療をしています。できることはありますか?

A 中医学では、「癌だから抗がん剤。」「癌だから放射線療法。」ではなく、癌があるペットの今の体の状態を中医学的診断でみれば、飼い主さん自身でおうちでできることはたくさんあります。

 

Q 腎不全で、もう病院でやることがないと言われました。今は点滴に通うくらいです。おうちでこの子が楽に暮らせるようにしたい。

A 西洋医学的にもうやることがないと言われても、中医学的にはお灸や腎を強める薬膳、ペットの栄養学など、できることはたくさんあります。

 

Q 中医学ってなんですか?難しそうで、私に理解できるか不安です。

A 中医学は東洋医学の1種で、古代中国で発祥しました。ツボや経絡(けいらく)、薬膳、陰陽など聞いたことはありますか?一見難しそうですが、全く知らない方でもわかりやすくお伝えします。 

 

Q すでに他の講座で中医学などを学んでいます。内容は同じでしょうか?

A 中医学の基礎的な部分は同じだと思いますが、このグループでは私が日々感じていることや実践してよかったことをお伝えしていきます。内容が同じだったとしても、伝える側の経験によっては、別の角度から学びが深まるのではないでしょうか。

 

Q 西洋医学のお薬や治療についてもことも質問できますか?

A はい。日々行っている個別カウンセリングでもセカンドオピニオンとしてアドバイスしています。また、一般的な予防や治療経験も十分にありますので、お答えできる範囲でお伝えします。

 

Q 内容はエビデンスに基づいたものでしょうか?

A もちろんエビデンスを元にご紹介しているものもありますが、すべてではありません。

中医学は個体差に重点を置き、一人一人の状況を見て治療する医療なので、必ずしもエビデンスが存在しません。

ただ、私はエビデンスがないものが、すべて効果がないとは思いません。長い歴史により積み重ねられた経験により、紀元前から21世紀まで受け継がれてきたことは、それだけ多くの人や動物に効果があったからこそだと思います。

エビデンスのみを信じている方は、当グループには向きません。

 

Q 参加したらうちの子はよくなりますか?

A それは飼い主さん次第です。私はペットのからだの変化や関係性を深めることをお伝えしますが、

実際に行動に移し、絆を深めるのは飼い主さんしかいません。「獣医さんに何でも頼りたい!」というスタンスではなく、いろいろ自分で試してみようと思える方のご参加が向いています。

ペットの1番の味方になるオンリーワンの飼い主さんになろう!

飼い主さんが日常的にペットの体を診る事ができ、ちょっとした変化をキャッチして、おうちケアができるようになると、ペットの健康度やあなたへの信頼度がグッと増すでしょう。また、獣医師だけに頼らなくても、自分の手でできる事があるという安心感も増えます。

また、一度病気にかかると、病院への通院負担がでてきますが、まだ病気ではない未病の段階であれば、あなた次第で、ペットの健康寿命をのばすことができます。

さらに、あなた自身もペットをケアしながら自分の体と心に向き合うきっかけにもなります。

そんな日々をペットと送ることで、いつか必ず迎えるペットの旅立ちをネガティブな気持ちだけでなく、感謝の気持ちで温かくむかえることができます。ペットとのより良い関係をつくるのは、いつからでも可能です!

もっと最愛のペットのことを知り、「ペットの健康を私が作る!」そんな熱い飼い主さんをお待ちしています。