いっぺん死んでみるWS

いっぺん死んでみる?!何それ!?怖い!

私がこのワークショップを知ったときの最初の印象です。

そして、ワークショップを実際に受けた後、

あぁ、死ぬって怖いとか思っていたけど、全然違った!今生きるって素晴らしいなぁ。これからは自分の大切なものだけに集中しよう。

涙と温かさでいっぱいでした。

いっぺん死んでみるWSとは

さてさてこの一度聞いたら忘れられないこのWS(ワークショップ)の名前は、社団法人エデンの森を主催する美人内科医でファンキーな上原暢子先生がつけられました。

めちゃめちゃセンスいい♪

このWSはあなたを怖がらせようとか、ネガティブな気持ちにしようとかそんなことは一切ありません。

むしろその逆。

今生きづらさを感じていたり、自分自身がわからないという人は受けてほしい。

いっぺん死んでみるWSには、今を生きるワークショップというサブタイトルがあります♪

  • あなたが本気で大切にしたいものがわかります
  • 今心からやりたいことがわかります
  • これからどんな風にいきたいかわかります
  • 死への向き合い方が変わります

不思議なほど、死に向き合うほど今どう生きたいか見つめることができます

ワークショップの詳細

確実に生きて還れる臨死体験をして遺言をしたためます。

ただし、この遺言は死の準備ではなく、今の自分を見つめよりよく生きるための作業です。

あなたがどう生きていきたいか明るく楽しくお勉強もしながら、人生まっとうできるストーリーを考えてみませんか?

当日の流れ

  1. 自己紹介
  2. 生きたまま臨死体験(※スピリチュアルな要素なし)
  3. 休憩(いっぺん死んだ後なのでエネルギー補給しましょう)
  4. シェアタイム&死にまつわる講義
  5. 終了

※時間がある場合は、もしバナゲームをするかも!

場所/zoom 

スケジュール/平日の9時~12時または13~16時 (約2時間半~3時間)

参加費/22,000円/人

参加人数/最大3名

ご用意いただくもの​

・筆記用具

​・折り紙1/4サイズの紙 20枚 (大き目のふせんやポストイットでも可)

・便せん&封筒 1組

​・泣く自信のある方はタオル

・パソコンまたはタブレット(Zoomアプリを使用します)

・自分へのお供えもの(軽食やスープ、お茶などエネルギー補給用)

望ましい環境

・静かで集中できる環境

・声を出せる環境(電車などは不可)

​・勉強机くらいのスペース、イヤホン推奨

​・パソコン画面が携帯電話より好ましい(資料の共有あり)

お申込み

現在、募集中は以下です。

日時:6月3日(金) 9:30~12:30 (約3時間)

人数:残1~2名

金額:22,000円(税込)

数名でお申込みの方は、まずは代表者の方のご連絡先とコメントに【〇名で申し込み希望】と書いて下さい。

日程が合わない方は、ご希望の日時をお知らせください。(※基本的に平日の9時~13時)1名から開催致します。

お申込みは下記からお願いします。(※48時間以内にこちらから連絡がない場合は、info@midorimitome.comまでご連絡下さい。)

    プライバシーポリシー

    ・ご参加される方の同意なく、録音や撮影は致しません。また、参加される方も、録音や撮影は固くお断りいたします。

    ・WS上でお話しされたことを、許可なくWS以外で第3者にお伝えすることはありません。

    WS講師の紹介

    いっぺん死んでみる認定講師のみとめみどりです。

    私は小さいころから、ペット、親友、友人、祖父母など多くの死を通して人生のあらゆる場面で死生観を考えるようになりました。

    当初は絶望や恐怖でしかなかった死も、このWSを通して死に対するイメージが変わり、今は人生の一部として受け入れられるようになりました。

    自分が不調になり、初めて死を意識を現実なものとして目の前に立ちはだかった時、

    まだまだやりたいことがたくさんある。今死んだら絶対後悔する!!!という思いから、人生で自分のやりたいことをやりつくすカラダをつくるために分子栄養学の知識を身につけました。

    人生は一度きり。

    明日死ぬとしても、いい人生だったと思える生き方をしたい。

    人生の最期を迎えるには、今を大切に生きることがなによりも大切。私はそんな想いで日々生きる人を増やしていきたい。

    子育て、お仕事、介護、趣味など忙しい日々に

    少し立ち止まって

    いっぺん死んでみませんか?

    あなたの死にまつわるお話をお聞かせいただけたらうれしいです♡